お揃いのハンカチとマスク

カテゴリ

身体を労わってほしい大切な人へ、天然素材の心地よいマスクとハンカチをプレゼントしませんか?
農薬を使わず育てられた綿生地は環境にも体にも優しく、安心してお使いいただけます。

【商品仕様】
 ■素材 
 本体 綿
 紐  ゴム
 ■製造 
 綿布 ラオス
 縫製 日本
 ■サイズ
 ハンカチ 25㎝×25㎝
 マスク 大人用サイズ
 横19.5cm×縦(中央)12.5cm[縦(両端)8.0cm
※送料198円クリックポスト便(3300円以上送料無料)
※衛生上の理由によりマスクのご返品・ご交換はいたしかねます。
※ラッピングを100円にて承ります。
 ラッピングをご希望の方は下記URLより別途ご注文下さい。
  https://shoku.theshop.jp/items/30016408
※パステルストライプは使用する生地の場所により、画像とイメージが少し異なる可能性があります。

[Shokuの布について]

1999年、ラオスの伝統的な技術に新しい感覚を織り込んだ布を作り、「Shokuの布」として日本に紹介する事業を始めました。

ラオスでは棉や藍を食用作物と共に自然農法により栽培しています。染色材料が豊富に採れる林が点在しており、葉や樹皮で糸を染めて、多くの鮮明で堅牢な色を得ることができます。
綿を弓で打ち、手紡ぎをして作る糸は吸汗、速乾性に富む一方、暖かな風合いを持つため、日本では四季を問わず使用できる素材です。

-- ラオスとは? --
東南アジアのインドシナ半島に位置するラオス人民民主共和国、通称ラオス
はタイ、ベトナム、カンボジア、中国、ミャンマー、に接しています。
海の無い国ですが大きなメコン河が流れていて、人々はその恩恵で自然豊か
な暮らしをしています。

-- 生地はココで作っています --
ウドムサイ県
ラオス北部、ウドムサイ県にある村々で綿の栽培、糸紡ぎ、草木染、手織りをしています。
大きな特徴は織密度が詰まった織りと織密度の甘い織りを作り分ける事ができます。又、淡い緑色を染め上げる、リュウキュウ藍を使用した生葉染もあります。

[布の特徴]
この製品の素材は綿を手で紡いで糸にし、草木で染め、手織りしてできた綿布を使用しています。そのため、糸のかたまり、色むら、筋などがあり、均一でない自然な表情が生まれます。
自然染色は、化学染色の布生地と比べ、洗うと色落ちし、空気を含み、柔らかい風合いになります。

※布製マスクには、せきやくしゃみなどの飛散を防ぐ効果があることや手指を口や鼻に触れるのを防ぐことから感染拡大を防止する効果があります(厚生労働省ホームページより抜粋)が、ウイルスを完全に遮断するものではありません。

¥2,310 (税込)
種類
水色
数量
1

こちらの商品はBASEでの購入となります

この商品について問い合わせる


ラオスの綿生地のマスクとハンカチ

大切な人に「身体に気をつけてね」の気持ちを込めて、優しい肌触りのマスクとハンカチを贈りませんか?

農薬を使わず育てられた綿の生地は環境にも体にも優しく、安心してお使いいただけます。

有料ラッピングは不織布と麻紐での包装となります。(5枚目の写真をご覧ください。)


※ゴム紐はお好みの長さに調節してご使用ください。

※ラッピング承ります。商品一覧より別途ご注文ください。(100円)

※クリックポスト便でお届けします。送料別途198円

 (3000円以上のお買い物で送料無料)


[Shokuの布について]

1999年、ラオスの伝統的な技術に新しい感覚を織り込んだ布を作り、「Shokuの布」として日本に紹介する事業を始めました。

ラオスでは棉や藍を食用作物と共に自然農法により栽培しています。染織材料が豊富に採れる林が点在しており、葉や樹皮で糸を染めて、多くの鮮明で堅牢な色を得ることができます。

綿を弓で打ち、手紡ぎをして作る糸は吸汗、速乾性に富む一方、暖かな風合いを持つため、日本では四季を問わず使用できる素材です。

-- ラオスとは? --

東南アジアのインドシナ半島に位置するラオス人民民主共和国、通称ラオス

はタイ、ベトナム、カンボジア、中国、ミャンマー、に接しています。

海の無い国ですが大きなメコン河が流れていて、人々はその恩恵で自然豊か

な暮らしをしています。

[布の特徴]

この製品の素材は綿を手で紡いで糸にし、草木で染め、手織りしてできた綿布を使用しています。

そのため、糸のかたまり、色むら、筋などがあり、均一でない自然な表情が生まれます。

自然染色は、化学染色の布生地と比べ、洗うと色落ちし、空気を含み、柔らかい風合いになります。


※布製マスクには、せきやくしゃみなどの飛散を防ぐ効果があることや手指を口や鼻に触れるのを防ぐことから感染拡大を防止する効果があります(厚生労働省ホームページより抜粋)が、ウイルスを完全に遮断するものではありません。